子供のために働くのは当たり前。子供に不自由な生活を送らせたくない。たとえ女手一つで育てているけど弱音を吐かずに頑張って働いて子供にやりたい事を出来るだけやらせてあげられるよう働いています。休みの日は子供と遠くへ出かけたりと忙しい日常生活。私が体を休める日はありませんが、子供が喜んでくれるならいいかと思っていました。

そんなある日職場で私は体調を崩し倒れてしまいました。店で少し休んだ後早退しました。仕事をしばらく休みをもらってからもこの先の事を不安に感じた私は友達がやっていたパパ活掲示板に自分もやってみようと思いました。子供がいることを伏せておいた方がいいのかと思いましたが、嘘つくのが苦手ということもあって全て正直にパパ活掲示板に載せ、こんな私でもパパになってくれる人を募集しました。写真も載せていることもあってかパパ活掲示板をやり始めてすぐに数人から返信が届きました。知らない人と会うのは不安だけど、1人の男性と会うことにしました。
愛人掲示板

待ち合わせ場所にはすでに相手の男性がいました。私たちは近くのカフェでお茶をしました。会うまで不安だったけれど相手の男性は私の父親くらいの年齢ということもあってか話していて不安がら徐々に薄れました。

数ヶ月、私はパパのおかげで仕事の量を減らし子供と過ごす時間も増えました。そして、パパは私に体の関係を求めることはなく私の子供にも遊園地や食事など連れて行ってくれて、子供はパパの事を「爺ちゃん。」と呼ぶくらいなつくようになりました。私もパパの事をパパ以上の気持ちになってきました。いつか、彼の腕に抱かれたいパパに会うたびそう感じます。
援交掲示板
JKと援助交際をする
友達に教える
新規HP HP編集
無料ホームページ
mKeitai

出会い系
AX